(秋季埼玉大会 11日・県営大宮ほか)

 4地区で各組の代表決定戦18試合を行い、南部I組は川口市立が川口に8―0で快勝。6年ぶりに県大会出場を決めた。同G組は大宮東が7―1で慶応志木を退けた。

 西部C組は川越東の蔭山が5回参考記録ながら無安打無得点で狭山経済に10―0。東部E組は昨秋の県大会を制した春日部共栄が杉戸に18―0の五回コールド勝ち。北部C組は鴻巣が延長十回の末、上尾南に1―0でサヨナラ勝ちした。

 12日は東・西・北部で代表決定戦8試合が実施され、県大会に出場する36校が出そろう。

■12日の試合

 「東部」<...    
<記事全文を読む>