信濃毎日新聞社は9日、飯山高校(飯山市)が第101回全国高校野球選手権への初出場を決めた場面の写真を使った大型タペストリーを同校に贈った。飯山市飯山の岸田新聞店の岸田徹社長(58)が同校を訪れ、林秀徳校長(57)に渡した。

 写真は、7月21日に松本市野球場で行われた長野大会の決勝戦でサヨナラ勝ちし、喜びを爆発させる選手たちを捉えた。同日、飯山市などで配布された本紙号外に掲載された。タペストリーは約4メートル四方。8月22日まで長野市の信毎本社1階に飾られた。

 岸田社長は「素晴らしい活躍に、飯山市全体が明るくなった」。林校長は「甲子園の舞台に立てたことは選手た...    
<記事全文を読む>