来春の選抜大会につながる第72回秋季高校野球静岡県大会の組み合わせが9日、決まった。大会は14日に草薙など4球場で開幕し、28日に決勝と3位決定戦を行う。上位3校が10月26日から岐阜県で行われる東海大会への出場権を獲得する。
 各地区大会の上位24校に今夏の全国選手権出場の静岡を加えた25校が参加。優勝争いは各地区上位校を軸に展開しそうだ。左の好投手が多いのが見所の一つ。中部は上位5校の戦力が充実している。西部は8校の力が拮抗(きっこう)し、東部上位校は絶対的なエースの存在が強み。
 中部を制した静岡は神谷、相羽の二遊間を含む4人が前チームからの主力。投手も甲子園...    
<記事全文を読む>