2019年度秋季高校野球地区大会は8日、3地区で決勝を行い、県北で秋田北鷹が初優勝し、中央は明桜が11年ぶり8度目、県南は角館が2年ぶり16度目の頂点に立った。中央と県南では敗者による代表決定戦も行われ、金足農、秋田南、秋田商、横手、秋田修英、大曲が県大会進出を決めた。県大会は18校が出場し、14日に秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で開幕する。

...    
<記事全文を読む>