秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)は8日、姫路市のウインク球場などで開幕する。県内5地区のブロックを勝ち抜いた52校に、今夏の甲子園大会で4強入りした明石商を加えた計53校が秋の頂点を争う。上位3校が来春の選抜大会出場校の選考資料となる秋季近畿地区大会(10月19日開幕・奈良県佐藤薬品スタジアム)に進む。

 2013年の報徳以来となる3連覇に挑む明石商が優勝候補の筆頭。最速151キロのエース中森、強打の来田主将と投打に絶対的な柱がそろう。公式戦未経験の選手が多いが、試合を重ねながら完成度を高めたい。

 夏の兵庫大会は16強中13校に公立勢が名を連ねたが、今...    
<記事全文を読む>