福井県坂井市の丸岡高校野球部が部員不足のため、9月14日に始まる秋の北信越地区高校野球県大会の出場を断念した。選手を借り受けることを複数の高校に打診したが実現せず、県高野連に欠場すると報告した。8月の坂井・奥越地区秋季大会に続いての公式戦欠場となり、部員は気落ちしたが、来春の新入生に期待を持ちながら、気持ちを切り替えて練習に打ち込んでいる。

 夏の大会が終わり、3年生8人が引退したことで、新チームは1年生5人だけになった。もともと2年生はおらず、部員不足になることは分かっていたため、古橋光輝監督は他校の部員を借り受けることを4月から模索したものの実らなかった。

...    
<記事全文を読む>