甲子園準優勝星稜・林監督に聞く

 来春の選抜大会につながる秋季北信越地区高校野球県大会が七日、開幕する。夏の甲子園で二十四年ぶり二回目の準優勝を果たした星稜は、二〇一七年秋以降、県大会では無敗。五季連続の甲子園出場を目指す今大会も注目が集まる。林和成監督に甲子園の振り返りと、県大会への意気込みを聞いた。(小坂亮太)

 -準優勝について。

 「満足感も悲壮感もない、不思議な感覚。全部出し尽くせたと思う」

 -勝ち進めた要因は。

 「生徒が野球以外のところでも自分たちで決まり事をつくり応援され...    
<記事全文を読む>