7日から始まる秋季近畿地区高校野球大会和歌山県1次予選(県高校野球連盟主催)の組み合わせが決まった。県新人戦ベスト4の4チームを除く34チームが、4ゾーンに分かれてトーナメントで競う。

 部員不足で県新人戦に出場できなかった新翔は、ハンドボール部員が加わりメンバーを確保したため出場する。紀北農芸と慶風は合同チームで出場する。

 1次予選の会場は上富田スポーツセンター野球場(上富田町)、田辺スポーツパーク野球場(田辺市)、紀三井寺球場(和歌山市)、マツゲン有田球場(有田市)。

 各ゾーン代表の4チームと、新人戦4強の那賀、...    
<記事全文を読む>