8日に開幕する秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)の組み合わせ抽選会が4日、明石市の明石市民ホールであった。来春の選抜大会につながる近畿地区大会(10月19日開幕・佐藤薬品スタジアム)を目指して53校が戦う。

 阪神、神戸、播淡、西播、但丹の県内5地区のブロックを勝ち上がった52校と、今夏の全国選手権に兵庫代表として出場し、4強入りした明石商が出場する。各ブロックの1位校同士は初戦で当たらず、同ブロックの1、2位校は決勝まで対戦しない。日程が順調に進めば、決勝と3位決定戦が10月6日に明石トーカロ球場であり、上位3校が近畿大会に進む。

 抽選には出場53校の...    
<記事全文を読む>