【韓国・機張(キジャン)で運動部・小田野純一】野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)第5日は3日、韓国・機張で1次リーグが行われ、B組の高校日本代表はパナマを5-1の六回裏途中降雨コールドゲームで下し、4勝1敗で2次リーグに進出した。

 日本は二回に守備の乱れから先制されたが、直後に横山陽樹(栃木・作新学院2年)の中犠飛で追い付き、五回に石川昂弥(愛知・東邦3年)の3点本塁打で勝ち越した。雨が六回攻撃中に強まり、約1時間の中断後にコールドゲームとなった。

 B組は4勝1敗の日本と台湾、3勝1敗の米国の2次リーグ進出が決定。A組は韓国が勝ち上がった。<...    
<記事全文を読む>