【岩見沢】来春の選抜高校野球大会(春の甲子園)につながる第72回秋季北海道高校野球大会空知支部予選の組み合わせ抽選会が3日、岩見沢緑陵高で開かれた。部員不足の複数校でつくる連合チームを含め15校12チームが、岩見沢市営球場で支部代表を目指して戦う。

 開幕戦は14日午前10時半から、夕張・月形・岩西の連合チームとクラークが対戦する。代表決定戦は22日午前10時半からの予定。代表校は10月6日から札幌円山、札幌麻生の両球場で行う全道大会に出場する。

 抽選会では各チームの主将がくじ引きで組み合わせを決めた。

 岩緑陵の坂梨蓮主将は「一球に全力を尽くすこ...    
<記事全文を読む>