駿河総合高の紅林弘太郎内野手が2日、県高野連を通じて日本高野連にプロ志望届を提出した。紅林は186センチの大型遊撃手。広角に長打を放つ右の大砲として注目を集め、長いリーチと強肩を生かした守備範囲の広さにも定評がある。今夏の全国高校選手権静岡大会で駿河総合初の決勝進出、準優勝に貢献した。

...    
<記事全文を読む>