◇高校日本代表5-5大学日本代表

 野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が26日、神宮球場で大学日本代表と壮行試合を行い、5-5で引き分けた。

 先発の大船渡(岩手)の佐々木は1回無失点だった。2三振を奪い、最速は156キロだった。

 高校日本代表は2-3の五回に東邦(愛知)の石川が2点二塁打を放った。4-4の九回は星稜(石川)の山瀬のスクイズで1点を勝ち越した。八回から登板した習志野(千葉)の飯塚が九回に追い付かれたものの、サヨナラのピンチで後続を断った。

<記事全文を読む>