今月末から韓国で行われる野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が24日、東京都内で練習試合を行った。

 駒大と2試合を実施。大船渡の佐々木朗希(3年)は第1試合の九回に登板し、1回を無安打無失点、1四球だった。佐々木は「全ての球種のコントロールや質を高めたい」と話した。

 最速163キロを誇る佐々木は第1試合で、5-0の九回にマウンドへ。1四球を与えたが、無安打無失点。永田監督は本番での起用法について「もうちょっと様子を見て」と述べるにとどめた。佐々木は〝抑え〟での登板に「久しぶりで難しいところもあった。しっかりと対応はできた」と手応えを口にし...    
<記事全文を読む>