因縁の相手、星稜を破っての悲願達成。それなのに、喜びを分かち合うナインの輪の中にいた履正社の先発清水(丹波市立氷上中出)の目に涙はなかった。被安打10、3失点。七回途中で追い付かれ、後輩にマウンドを託したエースは「本音を言えば最後まで投げたかった。周りに助けられた」。ほろ苦さと、安堵(あんど)感が入り交じる初優勝だった。

 プロ注目右腕との対決に「奥川さんのペースにはさせない」と序盤から飛ばした。球場が星稜の応援に染まった六回1死一、二塁。「真っ正面からぶつかってもだめ」と、あえて直球の威力を抜いて打たせ、併殺に仕留めた。終盤はベンチで声を出し続けた。

...    
<記事全文を読む>