◇全国高校野球選手権<最終日> 履正社5-3星稜

 先制されたら主砲の一振りで逆転する。追いつかれたら下位打線がつながりすぐに突き放す。大会ナンバーワンと評される履正社の強力打線が11安打と力を見せつけた。3度目の対戦で難攻不落だった奥川をついに攻略。日本一の座にたどり着いた。

 際どいコースに投げられたらファウルで逃げる。低めの変化球には手を出さない。1点を追う三回。2死走者なしから池田が粘った。「追い込まれても簡単にアウトにならない。そこから時間をかけよう」がチームのテーマの一つだった。それを忠実に実践。8球目に四球を選...    
<記事全文を読む>