■甲子園大会 明石商1-7履正社

 強打への警戒心が自らを追い込んだ。明石商の中森は甲子園8試合目で1試合最多の5失点。春夏連続で準決勝の先発を託された2年生エースは「考えすぎで、カウントが悪くなり、甘い球を打たれた」と悔いた。

 課題の立ち上がりで変化球が決まらない。「ボール、ボールになって上半身に力が入った」。バランスが崩れ、6長短打を許して4失点。痛恨の先制パンチを食らった。

 準決勝に向け、昨秋の大阪大会まで映像を準備。これまでの3試合に比べ「(映像を)見られた方」と対策に余念がなかった分、マウンドでは慎重になった。「一番良い球である真っすぐを...    
<記事全文を読む>