明石商の大応援団が埋めたアルプスには今大会中、グラウンドの選手だけではなく、スタンドの野球部全員を見守る「もう1人の監督」がいた。

 面長の輪郭に、鋭い目つき。狭間善徳監督の特徴をよく捉えたフェルト製の人形を作ったのは、4番打者安藤碧(あおい)選手の母(39)だ。

 「息子たちのため、どこまでも熱くなってくれる監督へ、尊敬と感謝を込めて作った」と話す。

 息子が切磋琢磨(せっさたくま)した野球部員は111人。記録員を含めベンチ入りした19人以外は、応援団としてスタンドから声をからし続けた。人形を作ったのは「この子たちを見守るもう一人の監督がほしい」と...    
<記事全文を読む>