笹倉、伊藤、木村。全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英の1年生は甲子園で堂々とプレーした。下級生の活躍を報道陣に問われると、須江監督は必ずこう答えた。
 「上級生のサポートがすごいんですよ。雑用を全部やってくれる。前向きに取り組んでくれる3年生のおかげ」。最上級生に向けて感謝の言葉を並べた。
 夏を前に1年生が急成長し、多くの3年生がベンチから外れた。「それでも全く不満を示さなかった」と須江監督。アルプススタンドで取材していても、背番号のない3年生に笑みは絶えない。声をからしていた大塚はこう言っていた。「ベンチに入れなくても育英のメンバーでいることに価値があ...    
<記事全文を読む>