星稜ナインは十九日、兵庫県西宮市の球場で、二時間ほど練習した。二十日の準決勝を控え、相手の中京学院大中京のエース左腕を想定した対策に時間を費やした。(稲垣達成)

 打撃練習で選手たちは柵越えを連発し、状態の良さをうかがわせた。この日はブルペン入りしなかったエースの奥川恭伸投手(三年)も豪快なスイングを披露。場外まで打球を飛ばしガッツポーズした。

 今夏はまだ甲子園で安打がない奥川投手。練習で使ったのは投手陣用のバットで、準々決勝で安打を放った寺沢孝多投手(同)は「あれだと打てる。自分も荻原(吟哉投手、二年)もあれで安打が出たんです」とうなずいた。

 ...    
<記事全文を読む>