▽準々決勝(第3試合)

星稜(石川)  053000144-17
仙台育英(宮城)000100000-1

 【評】仙台育英が星稜の猛打に屈した。先発伊藤は二回1死満塁から東海林の右前適時打と今井の満塁本塁打で一挙5点を失うと、三回は2番手大栄が今井に2点二塁打を浴びるなど3点を献上。終盤も救援陣がリードを広げられた。打線は四回に小濃のソロ本塁打で1点を返すにとどまった。
 星稜は打線が22安打で17得点。先発荻原と寺沢の継投も決まり、主戦奥川を温存できた。

◎1年生バッテリー痛恨

<記事全文を読む>