全国高校野球選手権大会で二年連続で16強にまで勝ち上がった高岡商ナインが十八日、高岡市の母校に帰校した。集まった保護者や生徒らを前に、森田朝陽(あさひ)主将(三年)が「力は全て出し切り、やり残したことはない。応援してくれた人には感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました」とお礼の言葉を語った。

 到着したバスから選手が姿を現すと、集まった約百五十人からは「お帰りなさい」とねぎらいの言葉や大きな拍手が送られた。宮岸毅校長は「活躍し、全国から注目を浴びた。一段と成長した姿を見せてくれた」と選手たちをたたえた。

 エースとしてチームを引っ張ってきた荒井大地投手(三...    
<記事全文を読む>