◇全国高校野球選手権<第12日> 星稜17-1仙台育英

 石川大会を含め今夏、初めてスタメン起用された星稜の2年、今井が大仕事だ。満塁本塁打を含む3本の長打を放ち7打点。大勝の立役者となり、林監督は「期待はしていたけれどここまでとは」と驚きを隠せなかった。

 二回1死満塁。狙っていた直球を強振した。打球は浜風に乗り左翼ポール際のスタンドへ。三回は再び満塁で左翼線への2点二塁打、七回は適時三塁打を放った。「甲子園で打てたのは印象深い。でもホームランは風がなければレフトフライ。次はしっかり強い打球で打ちたい」。1本では満足できな...    
<記事全文を読む>