甲子園球場で十八日に行われた全国高校野球選手権大会で、関東一(東東京)は3-7で履正社(大阪)に敗れた。二〇一五年以来4年ぶりの4強は逃したが、試合を終えたナインは「やりきったので悔いはない」と、すがすがしい表情で夢の舞台を後にした。

 (加藤健太、福浦未乃理)

 関東一は主砲の一発で先制したが、自慢の両右腕が相手の強力打線に屈した。

 初回、4番平泉遼馬選手(3年)が変化球を左翼席に運び先制の3点本塁打。1回戦に続く豪快な一打をアルプス席で見守った妹亜海さん(15)は「結果が出ずに悩んでいる時もあったが、甲子園で打つなんてすごい」と笑みを浮かべた。

...    
<記事全文を読む>