甲子園でサヨナラ本塁打を放ったことがある兄譲りの打撃センスを大舞台でも見せつけた。地方大会も含めて初のスタメン出場で5打数3安打。「この日のためにやってきたので良かった」と満足げな表情を浮かべた。

 左投手を苦にしないところを買われての起用だった。「ずっと出たくてうずうずしていた。絶対活躍してやる」と気合を入れた。

 二回は右前打でチャンスを広げ、六回にも膝元の変化球を右前にうまく運んだ。守っては強烈な当たりを横っ跳びで好捕。アルプス席に必殺仕事人のテーマが流れたのもうなずける活躍ぶりだった。

 三人兄弟の末っ子。二〇一五年にベスト4入りした時のメン...    
<記事全文を読む>