耐えて延長十一回サヨナラ-。甲子園球場で十七日に行われた全国高校野球選手権大会で、関東一(東東京)は7-6で鶴岡東(山形)を制し、二〇一五年以来4年ぶりの8強入りを決めた。準々決勝は十八日の第4試合で履正社(大阪)と対戦する。

 関東一は十一回2死から、渋谷嘉人主将(3年)が5安打目となる三塁打で出塁。4番平泉遼馬選手(同)が敬遠で歩かされた後、平川嶺選手(同)が意地の右前サヨナラ打を放ち、この日が誕生日の米沢貴光監督(44)に白星をプレゼントした。

 相手の隙を突く好走塁は健在だった。二回、同点に追い付いた直後の2死二、三塁、大久保翔太選手(同)が勝ち越しのセ...    
<記事全文を読む>