第101回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、第1試合で青森県代表の八学光星は明石商(兵庫)と対戦。一時、1-6と5点差をつけられた光星は、三回に大江の中前2点タイムリー、六回は下山の押し出しなどで同点に追い付く粘りを見せた。八回に1死二、三塁のピンチで明石商のスクイズ失敗で窮地を脱したかに見えたが、2死三塁からバッテリーエラーで6-7と再び明石商のリードを許すと、七回途中からマウンドに上がった明石商のエース中森に抑えられ、惜しくも敗退した。

...    
<記事全文を読む>