第101回全国高校野球選手権大会第11日は8月17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦が行われ、敦賀気比(福井)は仙台育英(宮城)に3―4で敗れ、準々決勝進出はならなかった。

 敦賀気比は三回、四球で2死一、二塁とし、野道大誠が左前適時打を放ち1点を先制。続く長浜慶太も中前2点適時打を放ち、この回計3点を挙げた。一点差で迎えた七回には四球などで2死満塁の好機を迎えたが、あと1本が出なかった。

 先発笠島尚樹は、初回、二回と得点圏に走者を抱えたが、粘りの投球で得点を許さなかった。五回、三連打を浴び2点を奪われ、六回にもスクイズなどで2点を奪われ逆転を許した。 <記事全文を読む>