大量得点での逆転劇に、アルプス席に詰め掛けた応援団は大歓声を上げた。十六日に開かれた全国高校野球選手権大会で中京学院大中京は、10残塁と攻めあぐねたが七回に打者11人の猛攻で7得点し、三回戦を突破した。二回に二村洸生選手(三年)の左前打で先制したものの、六回に東海大相模(神奈川)に逆転され、初戦の北照戦と同じく後半に打線が爆発した。

◆小田選手、3安打の活躍

 走塁ミスにサインミス、安打が出るも得点に結び付かない重い展開が続く中、好機を逃さず勝ち越し打を放ったのは、一年生の小田康一郎選手だった。

 七回、藤田健...    
<記事全文を読む>