第101回全国高校野球選手権大会第10日は16日、台風10号の影響で順延となった3回戦4試合が兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、4年ぶり2度目出場の学芸館(岡山)は、9年連続出場の作新学院(栃木)に0―18で敗れ、初の8強入りはならなかった。

 学芸館は初戦の2回戦で顔面に打球を受けて降板した左腕丹羽が先発したが、三回までに7長短打を浴びて5失点。四回から救援したエース右腕の中川も2回1/3で5失点と勢いを止められず、八回には打者13人の猛攻で一挙8点を失った。

 打線は相手右腕の強気な投球に苦しみ、八回2死まで無安打。金城、丹羽の2安打のみ...    
<記事全文を読む>