聖地で作新学院のエース林勇成(はやしゆうせい)が一世一代の快投を披露した。岡山学芸館(岡山)との16日の3回戦で、八回2死から左前打を許すまで無安打無得点の圧巻の投球。1998年の第80回記念大会決勝で横浜(神奈川)の松坂大輔(まつざかだいすけ)(現中日)が達成して以来、21年ぶりの快挙はあと4人で逃したが、「平成の怪物」にあと一歩まで迫り甲子園を沸かせた。

...    
<記事全文を読む>