◇全国高校野球選手権<第10日> 中京学院大中京9-4東海大相模

 中京学院大中京が、2点を追う七回に8長短打を集めて、逆転勝ち。1点を挙げた後、藤田の適時打で同点、小田の適時打で勝ち越した。さらに畳み掛け、この回は計7点を挙げた。先発の不後はコースを丁寧に突いた。小刻みな継投を見せ、八回からは赤塚が得点を許さなかった。

 東海大相模は投手陣が踏ん張れなかった。ミスも響いた。

     ◇

 強力な東海大相模打線が要所で抑えられた。10安打しながら4得点。つながりを欠く契機は一回だった。連打と重盗で...    
<記事全文を読む>