聖地で豪快な一打を

迷いなし

 いよいよタテジマが誇る右のスラッガーが聖地で覚醒する。東海大相模の西川僚祐は「どれだけ速いボールでも強いスイングで、とにかくストライクを振っていきたい」と迷いがない。

 16日の中京学院大中京戦に向け、門馬敬治監督にトスを上げてもらったり、遠藤愛義コーチに付きっきりで指導を受けたり。首脳陣が目をかけているのは、その潜在能力を認めているからだ。

 近江(滋賀)との初戦では4打数無安打。好サウスポー林の宝刀チェ...    
<記事全文を読む>