教え子の活躍に思わずほおが緩んだ。
 全国高校野球選手権大会に出場している仙台育英の須江航監督に、12日にプロ初勝利を挙げた中日梅津の話題を振ると「いやー、うれしかった。本当は名古屋まで行きたかった」と興奮気味に話した。
 2009年から3年間、系列校の秀光中教校で監督として指導していた。「中高で芽は出ないかもしれないが、大卒で必ずプロに行ける」。小学6年の時、素質を見抜いて勧誘した。
 当初は「本人も家族もあまり乗り気でなかったと思う」と振り返る。監督の目から見ても、完成度は1学年下の佐藤世那(元オリックス)の方が上だった。中学3年の全国大会は試合中に鼻...    
<記事全文を読む>