明石商の左腕杉戸理斗は「縁の下の力持ち」という言葉がよく似合う。多彩な変化球で翻弄(ほんろう)し、淡々と打者を仕留める背番号10。「(主戦の)中森を少しでも楽に」と、兵庫大会は先発、救援をこなし、準決勝では公式戦初完投。今夏、フル稼働する3年生は後輩エースを支えながら出番を待つ。

 横手投げの技巧派。春の選抜大会では2回戦の大分戦で、4番手で登板し、4者連続三振を奪った。安定感ある投球の裏には精神面の成長がある。以前はメンバー入りを争うチームメートが練習試合で投げると、「打たれろと思っていた」と明かすが、次第に「あいつ以上のピッチングをしよう」と自分に向き合えるようになった...    
<記事全文を読む>