弱点分析 履正社戦も自信

商業高生のPC操作力 強み

 全国高校野球選手権大会の三回戦に進んだ高岡商で、ベンチ外の三年生でつくる「データ班」が活躍している。一、二回戦は相手の投打の傾向を事前につかみ、勝利に貢献した。次の相手は二試合で29安打を放った履正社(大阪)。「どんなすごい打者にも弱点はある」と分析に自信を見せる。(山本真士、小寺香菜子)

 「この打者の傾向は…」。十四日夕方に大阪市内の高岡商の宿舎で行われた選手のミーティング。データ班のメンバーが、パソ...    
<記事全文を読む>