第101回全国高校野球選手権大会の三回戦で対戦する、岐阜代表の中京学院大中京の橋本哲也監督(55)と神奈川代表の東海大相模の門馬敬治監督(49)に、次戦への意気込みを語ってもらった。

 -相手の印象は

 橋本 総合的に全国トップレベルのチーム。打線が脅威なので、いかに投手が抑えることができるか。

 門馬 初戦に接戦をものにした粘り強いチーム。新チーム以降もコンスタントに結果を残している。不後祐将選手(三年)と藤田健斗選手(同)のバッテリーが充実していて、経験豊富である。

 -注目の相手選手は

 橋本 遠藤成選手(三年)、山村崇...    
<記事全文を読む>