エースとして懸命に右腕を振ったが、相手打線にかなわなかった。習志野の飯塚脩人は二回途中から登板。中盤こそ無失点に抑えたが、終盤につかまり「申し訳なさと悔しさがある」。敗戦の責任を一人背負い込み、声を落とした。

 六回2死から4連続三振を奪い、1回戦同様に流れを引き寄せたかにみえた。しかし八回、先頭に本塁打を許すと3失点。九回には2死から同じ打者にまたスタンドまで運ばれた。「打者も慣れ始めていた。直球も変化球も打たれて投げる球がなくなった」

 習志野二中の軟式野球部では2番手投手だった。地元で甲子園を目指そうと伝統校の門を叩いた。入学時、球速120キロ程度だった右...    
<記事全文を読む>