習志野応援団の「美爆音」にも、鶴岡東は動じない強さがあった。鍛え上げられた堅守で難敵を振り切り、3回戦に駒を進めた。
 二遊間の安定感が絶品だった。「地面とボールの間に目を入れるイメージ」(遊撃河野)。どっしりと腰を落とし、重心の低い体勢で強力打線の鋭いゴロをさばき続けた。
 日ごろの鍛錬が凝縮されたのが六回の守備だ。無死一塁で5番高橋の当たりは右方向へのゴロ。二塁手山路は「バウンドが合わなかった」というが、落ち着いて併殺に仕留めた。「とりあえず1アウトだけでもと思った。頭は冷静だった」と涼しい顔だ。
 試合前のシートノックがユニークだ。打球を一度グラブに...    
<記事全文を読む>