エース右腕が持ち味を存分に発揮した。甲子園球場で十四日に行われた全国高校野球選手権大会で、関東一(東東京)は6-5で熊本工(熊本)を振り切り、4強入りした二〇一五年以来の3回戦進出を決めた。台風10号の接近で十五日が中止となったため、次は十七日午後三時半から鶴岡東(山形)と対戦する。

 (加藤健太、福浦未乃理)

 関東一は同点の五回、1回戦で本塁打を放っている4番平泉遼馬選手(3年)の中前打を皮切りに5連打で4得点。持ち味の機動力も絡めて畳み掛け、相手左腕を攻略した。

 1点差に迫られた直後の七回は、敵失で出た走者が渋谷嘉人主将(同)の犠飛で生還。米沢貴光監督が「...    
<記事全文を読む>