限界突破 真の4番へ

 4年ぶりに夏の聖地で1勝を挙げた東海大相模。旗印である「アグレッシブ・ベースボール」の果敢な走塁で好投手を攻略したが、6安打にとどまった。圧倒した神奈川大会で“最強打線”をけん引した2年生スラッガーたちがこのまま終わるわけがない。さらに先へ進むため、きょうもバットを振り込んでいる。

反省の弁

 顔をしかめ、本気で悔しがっていた。中京学院大中京戦を見据えた14日のシート打撃。山村崇嘉が外角低めの直球で見逃し三振に仕留められた...    
<記事全文を読む>