鶴岡東は今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)を9-5で下した。鶴岡東は二回に5点を先制。丸山が2打席連続の本塁打を放った。関東第一は熊本工に6-5で競り勝った。

 ▽2回戦(第2試合)

鶴岡東(山形)050000031-9
習志野(千葉)000200120-5

 【評】鶴岡東は序盤に主導権を握った。二回に打者10人の猛攻で6安打を集め5点を先取。5-3の八回には丸山の左越え本塁打などで突き放し、九回にも加点した。先発影山と2番手池田は計5点を失ったが、バックが無失策でもり立てた。習志野は勝負どころで投手陣が踏ん...    
<記事全文を読む>