第101回全国高校野球選手権大会第9日は14日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われ、本県代表の鶴岡東は習志野(千葉)と対戦、9-5で勝ち、4年ぶりのベスト16進出を決めた。

 鶴岡東は1回戦同様、左腕影山雄貴が先発した。二回、6番森弦起の右前打を皮切りに9番影山のライトオーバーの適時二塁打など6本の長短打を連ねて一挙5点を先取。八回には5番丸山蓮のソロ本塁打、1番河野宏貴の適時二塁打などで計3点、九回に丸山の2打席連続本塁打を加え、点差を広げた。

 習志野は四回に2点、七回に1点、八回に2点を返したが、鶴東の影山が八回途中まで踏ん張り、...    
<記事全文を読む>