3回戦で岡山学芸館と激突する作新。8強入りを懸けた一戦を前に、作新・小針崇宏(こばりたかひろ)、岡山学芸館・佐藤貴博(さとうたかひろ)の両監督に互いのチームの印象などを聞いた。

 -相手の印象は。

 小針 中川(なかがわ)(響(ひびき))投手は制球に優れて緩急も使え、投球術にたけている。打線も切れ目が無く勢いのあるいいチーム。

 佐藤 攻撃的。打順も地方大会からがらりと変えてきた。選手の守備位置を見ても甲子園をよく知っているという印象。

 -マークする選手は。

 小針 まだ細かい研究はできていない。長打を警戒しながら上位打線を...    
<記事全文を読む>