9回、聖光学院の荒牧樹(3年)が放った打球に球場が沸き立った。前打席の公式戦初本塁打に続く2打席連続アーチ。打線がつながりを欠く中、窮地に見せた勝負強さは聖光野球の意地だった。勝利にはあと一歩及ばず「控えの仲間を日本一にさせられなかったことが一番悔しい」。声を震わせた。

...    
<記事全文を読む>