先制の好機となるはずが、聖光学院にまさかの判定が下った。

 2回、先頭の清水正義(3年)が放った打球は左翼へ。清水は二塁に到達したが、海星側は一塁ベースの踏み忘れをアピール。塁審が踏み忘れを認め「アウト」の判定が下ると、応援スタンドの歓声はため息に変わった。

...    
<記事全文を読む>