第101回全国高校野球選手権第8日は13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、県代表の津田学園(桑名市)=2年ぶり2度目=は履正社(大阪府)に3―7で敗れて初のベスト16入りを逃した。

 1回戦の静岡戦に続き右上手投げの3年生主戦前佑囲斗が先発。初戦は1失点で完投した前だが、この日は二回に1点を先制されると三回には5長短打を集められ5点を失った。

 その後四回から継投した右横手投げの3年生、降井隼斗が追加失点を暴投で失った六回の1点にとどめると、履正社主戦左腕清水大成に抑えられていた打線も反撃を開始した。

 五回に履正社清水の暴投で1点、六...    
<記事全文を読む>