甲子園球場で開かれている第101回全国高校野球選手権大会で、習志野は大会9日目の14日、2回戦で鶴岡東(山形)と対戦する。試合を前に、両校の地方大会や1回戦の戦いぶりを振り返るとともに、試合の行方を展望する。

 (山口登史)

 習志野は大会4日目の九日、1回戦で沖縄尚学と対戦。千葉大会でも好調だった桜井亨佑選手(2年)や山内翔太選手がそれぞれ3安打。角田勇斗選手(同)が九回に同点打、和田泰征選手(同)が延長十回に決勝打を放つ勝負強さを見せた。山内選手は投手としても、沖縄尚学打線を5回3失点に抑える活躍を見せた。

 一方の鶴岡東は山形大会で打率5割の山下陽生選手(3...    
<記事全文を読む>