◆全国高校野球選手権2回戦:高岡商4-3神村学園(12日・甲子園)

 最終回、ナイター照明に照らされた甲子園のボルテージが一気に上がった。3点差の9回2死三塁から神村学園が粘りを見せる。7番田中天馬(3年)の三塁強襲安打で1点を返し、代打井上泰伸(2年)の中前への適時打で追い上げた。あと1点。大歓声を浴びた1番森口修矢(3年)が二ゴロに倒れ、チームが掲げた「初の夏の甲子園2勝」には1点届かなかった。

 「うちらしく粘りを見せて底力を発揮してくれた。選手に感謝したい」。小田大介監督は最後に意地を見せた選手をたたえた。

 勝負の分かれ目は7回だ。直前に0-...    
<記事全文を読む>