夏の甲子園大会で、敦賀気比は大会第8日の8月13日、第4試合(午後3時半開始予定)で、1回戦を逆転勝ちした国学院久我山(西東京)と2回戦を戦う。敦賀気比・東哲平監督と国学院久我山・尾崎直輝監督に、初戦の感想や相手校の印象などを聞いた。

 -初戦を振り返って。

 東 投手も安定していて、勝ったことは良かったが課題の残る試合だった。1つの失策で流れが変わる怖さも味わえたと思う。

 尾崎 いつも通り、練習通りにできていた。いいプレーが出ていた。

 -自チームの状態は。

 東 初戦を勝った後、次に向け切り替えており良い状態。...    
<記事全文を読む>